Archive for 12月, 2014

論語の教えと日中友好の道

12月 4th, 2014 Posted in お知らせ, スケジュール | one comment »
論語の教えとに日中友好の道

論語の教えとに日中友好の道

第十四回論語活用講演会

論語の教えと日中友好の道

中国の過去現代の全てを知り将来を予測する外交の専門家 宮家邦彦氏(みやけくにひこ)が、日中友好の道を語ります。

  • 日時 平成27年4月18日(土曜)夜6時半〜8時半(開場6時10分)
  • 場所 鎌倉生涯学習センターホール(JR鎌倉駅徒歩3分)
  • 入場料 1,000円
講師 宮家邦彦氏
1953年横浜市で生れ鎌倉で育ち、栄光学園卒業。
1978年東京大学法学部卒業。外務大臣秘書官、在米国大使館一等書記官、中近東第一課長、日米安全保障条約課長、在中国大使館公使、在イラク大使館公使、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、総理公邸連絡調査官、他。
著書 「語られざる中国の結末」PHP新書
   「哀しき半島国家韓国の結末」PHP新書、他
  • 主催 論語の教えを広める会
  • 後援 鎌倉市教育委員会、鎌倉市日中友好協会、AMDA鎌倉クラブ
  • お問合せ 論語の教えを広める会 会長 佐藤敏彦 TEL 0467-50-0303(鎌倉論語会館内)

鎌倉論語談話会(平成27年)のご案内

12月 4th, 2014 Posted in お知らせ | no comment »
鎌倉論語談話会(平成27年)のご案内

鎌倉論語談話会(平成27年)のご案内

開催日時 毎月・第2月曜、第4月曜 午前10時〜12時
会場 鎌倉論語会館 二階教室
参加費 一回・500円(毎回テキストを差上げます)
参加申込 世話人へお申込み下さい(世話人・佐藤、小出、中野)

1月12日 佐藤(論語談話会) 「論語の深意解釈(その1)」
1月26日 牧野(論語談話会)  「私の生活の中の論語(その2)」
2月9日 粟屋(論語談話会) 「論語の思い出(その2)」
2月23日 本多(論語水曜の会) 「論語と中学生の道徳授業」
3月9日 赤羽(論語日曜の会) 「江戸の儒学者・荻生徂徠」
3月23日 宇野(易経を学ぶ会) 「江戸の儒学者・伊藤仁斎」
4月13日 曽我(論語談話会) 「江戸の儒学者・山鹿素行」
4月27日 香取(易経を学ぶ会) 「江戸の儒学者・佐藤一斎」
5月11日 山田(論語水曜の会) 「江戸の儒学者・貝原益軒」
5月25日 内田(論語談話会) 「源頼朝の鎌倉幕府参謀『大江広元』と『定観政要』」
6月8日 渡辺(論語談話会) 「古代中国の故事成句」
6月22日 志賀(論語談話会) 「論語と私(その2)」
7月13日 南(和道を学ぶ会) 「私の『和道』実践談」
7月27日 坂口(易経を学ぶ会) 「社会活動に論語を生かす」
9月14日 田所(論語水曜の会) 「論語の情」
9月28日 岩田(論語談話会) 「発明考案と論語」
10月12日 中野(論語談話会) 「論語は生きている(その2)」
10月26日 小出(論語談話会) 「女性から見た孔子の人間像(その2)」
11月9日 中西(論語談話会) 「温故知新ー激動の時代を考えるー」
11月23日 府川(論語日曜の会) 「三島由紀夫と陽明学」
12月14日 宮城(論語日曜の会) 「論語と仏教に付いて」
12月28日 山本(論語水曜の会) 「今年の世相と論語」

鎌倉論語素読会<第三期>開講

12月 4th, 2014 Posted in お知らせ | no comment »
鎌倉論語素読会<第三期>開講

鎌倉論語素読会<第三期>開講

参加者と共に、10〜15章の素読(論語直訳文の朗読)後、解説を行ない、互いに意見を交しながら進めます。
短期間に論語を習得して充実した人生を送り、子や孫にも伝え たいと考える方々にお勧めします。

  • 期間 平成27年1月11日(日)〜4月26日(日)<臨時入会可能>
  • 日時 毎月 第2日曜、第4日曜 午前10時〜12時
  • 会場 鎌倉論語会館(鎌倉駅西口徒歩6分)TEL 0467-50-0303)
  • 参加費 毎回 500円
  • テキスト 「現代論語解釈」佐藤利彦(無料)
  • 主催 論語の教えを広める会
  • 会長 佐藤敏彦
  • 後援 鎌倉市教育委員会
  • お申込み 世話人代表 粟屋奎二郎 TEL 0467-44-0539

 

第三期 平成27年1月~4月 素読・解説
1月11日 第9編 子罕(しかん)第1章~13章 佐藤敏彦
1月25日 第9編 子罕(しかん)第14章~28章 香取和之
2月8日 第10編 郷黛(きょうとう)第1章~10章 牧野千恵子
2月22日 第10編 郷黛(きょうとう)第11章~20章 牧野千恵子
3月8日 第11編 先進(せんしん)第1章~13章 粟屋奎二郎
3月22日 第11編 先進(せんしん)第14章~25章 粟屋奎二郎
4月12日 第12編 顔淵(がんえん)第1章~11章 伊藤道子
4月26曰 第12編 顔淵(がんえん)第12章~24章 佐藤敏彦

 

第四期 平成27年5月~9月 素読・解説
5月10日 第13編 子路(しろ)第1章~15章 佐藤敏彦
5月24日 第13編 子路(しろ)第16章~30章 香取和之
6月14日 第14編 憲問(けんもん)第1章~14章 中野ノブ子
6月28日 第14編 憲問(けんもん)第15章~28章 香取和之
7月12日 第14編 憲問(けんもん)第29章~46章 小出美恵子
7月26日 第15編 衞霊公(えいれいこう)第1章~12章 小出美恵子
9月13日 第15編 衞霊公(えいれいこう)第13章~28章 渡辺美宏
9月27日 第15編 衞霊公(えいれいこう)第29章~42章 佐藤敏彦

 

第五期 平成27年10月~12月 素読・解説
10月11日 第16編 季氏(きし)第1章~14章 佐藤敏彦
10月25日 第17編 陽貨(ようか)第1章~14章 香取和之
11月8日 第17編 陽貨(ようか)第15章~26章 渡辺美宏
11月22日 第18編 微子(びし)第1章~11章 粟屋奎二郎
12月13日 第19編 子張(しちよう)第1章~12章 粟屋奎二郎
12月27日 第19編 子張(しちょう)第13章~25章
第20編 尭日(ぎょうえつ)第1章~3章
佐藤敏彦

論語の教え(その二)

12月 1st, 2014 Posted in 論語 | no comment »

本立(もとた)ちて道生(みちしょう)ず
孝弟(こうてい)は、仁(じん)の本(もと)となる

本立(もとた)ちて道生(みちしょう)ず 孝弟(こうてい)は、仁(じん)の本(もと)となる

本立(もとた)ちて道生(みちしょう)ず 孝弟(こうてい)は、仁(じん)の本(もと)となる

家庭で親に孝行、兄弟仲良く育つ事は、思いやりの有る誠実な人間に成長するための基本で、この基本が確立すると、その先の道は自然に生まれてくると言います。
親の「慈愛」を受け、この恩恵に報いる「孝」の徳が育ちます。
「孝」は、親への感謝の心が行動に表れたものですから、親から戴いた身体を大切にして、心配をかけないように努めますし、自殺を考える事等はありません。
「孝」の徳が身につかないまま社会に出ると、平気で人をいじめて怨まれたり、人を殺したりするようになります。

家庭での遊びや勉強等で優れた指導を受ける兄や姉には、尊敬して従う心が生まれ、「弟」の徳が育ちます。
「弟」の徳はや目上の人に対して失礼にならない様に頼まれた事は間違いのない様に行おうと努力します。「弟」の徳が身に付かないまま社会に出ると、目上の人に逆らったり、平気で秩序を乱す事をやるようになります。
「孝」と「弟」の徳の根本である感謝と尊敬の心は、敬愛と思いやりの心となって、「仁」の徳に育っていきます。